スイカの食べ過ぎが腹痛や下痢の原因に!?適量は?

xu5ovJLI3OovIRT1438269924_1438269929

夏と言えばスイカ!

スイカといえば夏!

今年もスイカの季節がやって来ましたね。

河原や浜辺などでのスイカ割りや家で涼みながらなど食べ方はそれぞれですが、
つめたく冷えたスイカはかなりおいしいですよね!

私はスイカが好きで、甘くておいしいので
ついつい食べ過ぎてしまうこともあるのですが、みなさんはどうでしょうか?

しかし、あまりにも食べ過ぎてしまうと体に影響が出てしまうことも、、、

スイカの栄養素や食べ過ぎてしまった時の体への影響をまとめてみました。

スポンサードリンク

スイカは栄養が豊富!?熱中症予防にも!

xGrajb_xE2n4hFu1438270610_1438270639

スイカにはリコピンという成分とカロテンという成分が豊富に含まれています。

リコピンはトマトにも豊富に含まれている成分として有名で、
優れた抗酸化作用があります。

リコピンの抗酸化力はビタミンEの100倍との結果も出ており、
若々しさを保ったり、体内の調子を整えたりする作用があります。

カロテンは体内でビタミンAに変わり、
肌の調子を整えたり、代謝を上げる作用があります。

骨の成長を支える効果もあるので、
成長に欠かせない成分でもありますね。

また、スイカは全体の90~95%ほどが水分からできているので、
効果的に水分を補給することができ、熱中症対策にもなります。

食べ過ぎると腹痛や下痢の原因に!1日の適量は?

p8bTuPwb1HMJaYi1438271513_1438271533

スイカを食べ過ぎると腹痛や下痢、気持ち悪くなってしまうことがあります。

この原因はただの食べ過ぎではなく、
スイカの水分によって胃液が薄くなってしまい、
消化吸収に影響をおよぼすことが原因です。

先程も書いた通り、スイカは約90~95%が水分なんですよね。

言い換えれば、いわゆる「果実」と呼ばれる部分は
全体の5~10%しか無いわけです。

また、スイカには体を冷やす効果があると言われているので、
体を冷やす効果+大量の水分のダブルパンチによって、
腹痛や下痢などの悪影響を及ぼすことになってしまいます。

下痢や嘔吐によって脱水症状を引き起こしてしまうことも多々あるので、
水分も補給できるからといって食べ過ぎてしまうと逆効果になることもあるので、
1日にスイカ1玉の1/4程度を目安に抑えて食べるといいでしょう。

スイカをおいしく食べて、夏をもっと楽しく

スイカをよりおいしく食べることが出来る方法を紹介しますね。

8~10度くらいが適温

スイカは冷やしすぎると甘さが低下してしまいます。

1番糖度が高い温度は8~10度という結果も出ているようなので、
冷やしすぎないように温度管理にも気をつけるとよりおいしく食べることができますよ!

食べる約1時間前から冷蔵庫で冷やし始めるとちょうどいいくらいかなと思います。

塩を少しかけると甘く感じるよ!

食べる前にスイカの表面に塩をひとつまみかけると甘く感じます。

実際に糖度が増すわけではありませんが、
塩のしょっぱさが甘さをひきたたせてくれますよ!

スイカは栄養がないと思われがちですが、
夏バテ予防や美容にも良い栄養素も含まれているので、
適度に食べて暑い夏を楽しみながら乗り越えていきましょう。

スポンサードリンク

SNSでみんなにシェア

最後までお読みいただきありがとうございます!
少しでも楽しんでいただけたならSNSでシェアしていただけると嬉しいです(^^)

とぴっくすらんど人気特集