水道が出ない?水道管の凍結防止や解凍方法!事前に出来る対処法も!

水道

今年の冬は暖かいなぁと思っていましたが、急に冷え込んできて「最強寒波」と言われるほど寒くなってきましたね…

雪が振ると子供の頃は結構テンションが上がっていましたが、最近では何だか憂鬱な気分になってしまいます^^;

また、水道管の凍結などの問題が出てくることも多いかと思うので、この記事では事前に出来る水道管凍結の対処法や凍結してしまった場合の対処法・解凍方法について紹介していきたいと思います。

意外と簡単に解凍出来る場合もあるので、業者さんに依頼をするまえに一度試してみてくださいね!

スポンサードリンク

そもそも、水道管が凍結する気温って何度なの?

水道管が凍結する気温は、一般的には外気温が4度以下になった場合と言われています。

ただ、4度以下になったら必ず凍結するというわけではなく、徐々に凍結していくので睡眠前やおでかけなどで長時間水道を使用しなかった場合ですね。

また、4度以上でも1日中、低い気温が続いた場合でも水道管が凍結してしまう可能性もあります。

なので、4度以上だったとしても必ず凍結しないというわけではないので、注意が必要ですね^^

さらに水道管が凍結すると、水道が出なくなるだけだと思っている方も多いですが、自分で対処できないほど凍結してしまうと修理費がかかってきます。

これが結構高いです…

無駄なお金を払わないためにも、どういった状況になると水道管が凍結する可能性があるのかを知っておくと良いかと思いますよ!

水道管が凍結しないため凍結防止方法

凍結の防止方法はいくつか方法があるのですが、1番簡単な方法は常に水を出しておく方法です。

ちょろちょろっと出しておくだけでも、凍結してしまう可能性はかなり低くなるので、手軽に出来る割には効果的ですよ!

また、常に水を出しておくのは水道代が気になるという方も多いのですが、凍結してしまった時の修理費の方が遥かに高くつきますし手間です。

どうしても水道を出しっぱなしにするのは抵抗があるという方は、やり方は少し難しいようですが水抜きを行えば凍結を避けることが出来ますよ^^

また、水道に保温材などをタオルで巻きつけておいたりするだけでも、若干ではありますが凍結しにくくなります。

スポンサードリンク

凍結してしまった場合の解凍方法は?

どれだけ気をつけていても、水道管が凍結してしまって水が出てこなくなることもあります。

そんな時に、自宅で簡単に出来る解凍方法は2つです!

一つ目は、自然に溶けるまで待つ方法です。

これを方法と言っていいのかは分かりませんが^^;

ただ、夜から朝方にかけては寒い時間帯なので凍結してしまうこともありますが、日中になり気温が上がってくると自然と解凍されることも多いです。

意外と、今すぐに水が必要という状況はないので、とりあえず待ってみるというのも一つの手ですね^^

そして2つ目は、蛇口などにお湯をかける方法です。

凍結は水道管の中にある水が凍って起こるので、お湯をかけてあげることで自然と溶けるまで待つよりは、早く解凍することが出来ると思います。

また、お湯をかける際は、火傷防止の為蛇口の上にタオルなどを置いてお湯をかけるようにしてくださいね^^

お湯ではなく、ドライヤーなどで対処する方も結構いるようなので、両方とも試してみてもいいかもしれません!

この方法を試してみても治らない場合は、市町村指定の下水道工事業者に依頼をして直してもらったほうがいいでしょう。

まとめ

  • 外の気温が4度以下のときや低い気温が続く日には注意!
  • ちょろちょろと水を出しておくだけでも、凍結防止効果大!
  • 凍結してしまった場合は、待ってみることも大切

いかがでしたでしょうか?

水道管の凍結はかなり厄介なので、事前に対処をしておいて凍結しないような環境を作っておくことが大切だと思います。

また、凍結してしまった場合でも焦らずに対応してくださいね^^

スポンサードリンク

SNSでみんなにシェア

最後までお読みいただきありがとうございます!
少しでも楽しんでいただけたならSNSでシェアしていただけると嬉しいです(^^)

とぴっくすらんど人気特集