歌王はやらせ!?審査基準が不透明すぎると話題に!

歌王

1月5日21時から放送された歌王。

歌に覚えのある一般の方が優勝目指して出場し、優勝者にはデビューの権利と賞金200万円が送られるのですが、ツイッターではやらせではないかと話題になっています。

また、生放送で放送しているにもかかわらず、未成年の方が出場しているということは…

では、歌王のやらせ問題について掘り下げていってみようと思おいます。

スポンサードリンク

歌王はやらせだった?

冒頭にも書きましたが、歌王の審査について、ツイッターで

  • 審査基準がわからない
  • やらせではないか
  • 審査員のコメントが薄っぺら過ぎる

などなど、批判の声が飛び交っています^^;

その理由は、倉館さんというシングルマザーの方がAIさんのSTORYを歌ったのですが、予選敗退をしてしまい、その結果が視聴者からしたら「なんで?」という結果だったからですね。

私自身もリアルタイムで見ていたのですが、確かに倉館さんは歌声もかなり素敵で歌も上手でした。

素人なので審査については分かりませんでしたが^^;

正直、こういったことは点数で判定する番組にはよくあることなのですが、問題は姉妹の2人組が出場していたということです。

もちろん、出場できたということは歌がうまい証拠でもあると思いますし、実際上手でした。

ただ、歌王は生放送で、21時~23時までの放送だったので、どう考えても姉妹のお二人が決勝へ進出することはできません。

よくテレビで未成年は22時以降出演してはいけないということを耳にしますが、それは、

第61条(深夜業)
・使用者は、満18歳に満たない者を午後10時から午前5時までの間において使用してはならない。

と労働基準法に記載されているからだそうです。

スポンサードリンク

なので、倉館さんの件についてはやらせかどうかは分かりませんが、姉妹のお二人については、必ず予選で敗退してしまうようにしなければいけなかったということになりますよね…

なら出すなといいたいところですが、そういったことは考えられないんですかね?

お二人は、まだ若いので、これからも音楽の道を諦めずに頑張っていって欲しいと思います。

スポンサードリンク

SNSでみんなにシェア

最後までお読みいただきありがとうございます!
少しでも楽しんでいただけたならSNSでシェアしていただけると嬉しいです(^^)

とぴっくすらんど人気特集