有村架純「海に降る」の原作のあらすじ・ネタバレ

BSTkcX4vOQxqdMT1439733893_1439733899

2015年10月からWOWOWで有村架純さん主演のドラマ
「海に降る」がスタートしますね。

ドラマ「海に降る」は朱野帰子さんの小説「海に降る」が原作で、
深海を舞台とした物語です。

有村架純さんが初の主演を務めるということで注目を集めていますが、
原作もかなりいい話ですよ!

ということで、原作のあらすじやネタバレを紹介しますね!

スポンサードリンク

海に降るの原作のあらすじ(ネタバレあり)

新秋調査パイロットを目指す天谷深雪

主人公・天谷深雪はパイロットの亡き父・厚志の影響で、
幼いころから深海調査のパイロットになることが夢でした。

厚志はが語っていた「深海の宇宙」に深雪はあこがれを持ち、
日々訓練や勉強に励んでいた。

そんなある日、深雪はついに深海調査船「しんかい6500」に搭乗できることに!

想像と現実の違い

ようやく「深海の宇宙」を見ることが出来ると喜んだ深雪だったが、
父の残した1本のテープを再生したことで恐怖に襲われた。

そのテープの内容とは、
「深海は美しいが光の届かないおそろい居場所でもある。」
といった内容だった。

また、未確巨大深海生物の情報や
パイロットに振りかかる恐怖も鮮明に録音されていたのだ。

そのテープの聞いた深雪は、
憧れだった深海への恐怖感などから閉所恐怖症を発症してしまいます。

未確認巨大深海生物の正体とは!?

その後、閉所恐怖症は同僚の高峰浩二の協力により克服することができ、
無事、深海の世界へ飛び込むことが出来るのだが、
そこで、父の残したテープにあった未確巨大深海生物を目撃することに!

果たして、父も目撃した未確巨大深海生物の正体とは!?

続きはドラマでご確認ください!

スポンサードリンク

SNSでみんなにシェア

最後までお読みいただきありがとうございます!
少しでも楽しんでいただけたならSNSでシェアしていただけると嬉しいです(^^)

とぴっくすらんど人気特集