たばこの増税は2016年のいつから?値上がり後は値段は1箱1000円に!?

たばこ増税

一昔前は、たばこを吸っている人はかっこいいというイメージがありましたが、最近では喫煙者の肩身は狭くなる一方ですよね。

さらに愛煙家にとって過ごしにくい世の中になっていくだけではなく、増税による値上がりによって経済的にも厳しくなるという方も多いです。

次の増税では、1箱1000円を超えるという話も出ているので、笑ってしまうレベルですねw

ということで、この記事では、増税による値上がりはいつからなのか、また値段はいくらになるのかなどについて紹介していきますね。

スポンサードリンク

そもそもたばこにどんな種類の税金がかかるのか知っていますか?

たばこ増税

たばこの値上がりと聞くと、たばこ自体が高くなっているようにも感じますが、実際にはそうではなくて増税による値段の高騰です。

この税金をたばこ税と言うのですが、調べてみると一言でたばこ税と言っても、

  • 国たばこ税
  • 地方たばこ税
  • たばこ特別税
  • 消費税

の4種類の税金を一括りにして、たばこ税と呼んでいるようです。

で、気になるのがたばこの値段のどれだけが税金として持って行かれているのかですよね。

それぞれの内訳も出ていたので、450円のたばこにかかる税金を計算してみました。

  • 国たばこ税が約111円
  • 地方たばこ税が約128円
  • たばこ特別税が約17円
  • 消費税が約33円

の計289円が税金としてかかっています。

6割以上が税金なんですね…

1日に1箱のペースで吸っている方は、1年間で約105000円の税金を払っているということになります。

当然、さらに増税されれば支払うことになるたばこ税も増えるので、吸えば吸うほど国の養分になるということです。

たばこの増税はいつ?値段は?

たばこの増税については、来年の税制改正で計画をしているようなので、早くても2016年ではないかと言われています。

まだ、決定したわけではないので、「この日!」という決定的な情報はないようですね。

ただ、これまでもたばこの値上がりの話は何度かでていますが、基本的には話が出たら値上がりしているので、今回も「やっぱりやめた」といった方向にはいかないでしょう。

値段についても不透明ではありますが、1箱1000円という噂がありますね。

ただ、これについても正式に公表されているわけではないので、実際にはどうなるかは分かりません。

2016年の発表に注目ですね。

スポンサードリンク

今後のたばこはどうなる?

たばこが値上がりする度に、続々と禁煙をする人が出てきていますが、おそらく次回の値上がりのときにもかなりの数の人がたばこを辞めるでしょう。

芸能人もテレビでたばこは辞めたと言っている人も多いですしね。

今後も容赦なく値上がりを繰り返していくでしょうから、たばこを吸っている人=お金持ちというイメージが定着する日もそう遠くはないはず。

また、たばこをやめる人が増えるということは、たばこを吸っている人が減るということなので、やめなかった人に税金のしわ寄せがきます。

国は税金を確保しなくてはいけないので、当然といえば当然です。

「値上げ→禁煙車続出→十分な税金が徴収出来なくて焦る→値上げ…」

のような悪循環を繰り返して、最終的にはたばこが珍しい時代になるのかもしれませんね。

まとめ

筆者も喫煙者なのですが、この記事をこう書いていて思いました。

「よし!たばこやめよう!」

禁煙はなかなか難しいですし、辛いと思いますが、増税という後押しもあるので勢いでやめてしまうというのも一つの手ではないでしょうか?

なんだかんだ、たばこを吸っていて得することって、なんにも無いんですよね。

ということで、禁煙頑張ってみますw

スポンサードリンク

SNSでみんなにシェア

最後までお読みいただきありがとうございます!
少しでも楽しんでいただけたならSNSでシェアしていただけると嬉しいです(^^)

とぴっくすらんど人気特集