【ネタバレ】羽田圭介のスクラップ・アンド・ビルドのあらすじ|感想や評価は?

ZxGwW7afea7MxFa1438789143_1438789148

第153回芥川賞を受賞した羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」。

ピース又吉さんの花火もかなり話題になっていますが、
今回はスクラップ・アンド・ビルドのあらすじや
ネットでの感想や評価を紹介しますね!

羽田圭介さんのプロフィールなどはこちらをご覧ください。

スポンサードリンク

【ネタバレ】スクラップ・アンド・ビルドのあらすじ

主人公の健斗(28歳)と祖父の対立を描きながら物語が進んでいきます。

健斗は自宅で資格獲得のため勉強に励むかたわら、
就職活動を行い明るい未来の為に日々奮起していた。

何度も何度も採用には落ちてしまうが、
日々の体調管理や筋トレは怠らなかった。

そんな中、介護が必要ではあるが年齢の割には元気な体の87歳になる祖父は、
「もう死んだほうがよか。」
というセリフが口癖で自殺を試みたことがあることに健斗は嫌気が差していた。

しかし、そんな気持ちとは裏腹に
健斗は祖父をこれまで以上に介護するようになっていく。

これは一見健斗が心を入れ替え、祖父へのおもいやりのようにも感じ取れるが、
本当の目的は別のところにあった。

それは、
「祖父を介護なしの状態では過ごせないようにし、社会復帰を出来なくすること。」

これにより、祖父を自然な尊厳死へと導こうとし、
健斗の目論見通り祖父は日に日に弱っていきます。

しかし、医療の発達により
「生きている」ではなく「生かされている」
状態になってしまった祖父に悲しさを覚えるようになり、
介護される側の感情を考えるようになる。

そんな主人公健斗のあらゆる状況での感情や、
現代社会の問題などにフォーカスを当てている作品です。

ネットでの感想や評価は?

ネットでもかなり高評価でしたね。

家族間の問題を言葉では表しにくい感情を上手く表現されているので、
共感できる部分もあったという方も多かったですよ。

クスっと笑ってしまう場面もあるところも魅力なんですかね?

まあ、なにわともあれ評判はかなり良いです!

スポンサードリンク

SNSでみんなにシェア

最後までお読みいただきありがとうございます!
少しでも楽しんでいただけたならSNSでシェアしていただけると嬉しいです(^^)

とぴっくすらんど人気特集