【掟上今日子の備忘録】のあらすじ・キャスト・ロケ地・原作・見どころまとめ

aS3pPnQ2ZMmk8fE1439143962_1439143967

10月から日本テレビで放送予定の掟上今日子の備忘録の
あらすじ・キャスト・ロケ地・原作・見どころをまとめました。

スポンサードリンク

掟上今日子の備忘録の記事一覧

見どころ

お金をこよなく愛する新垣結衣が演じる
「掟上今日子(おきてがみ きょうこ)」が数々の事件を解決していく姿に注目です!

プロデューサーの松山京子さんは、
「掟上今日子を実写化するのなら新垣結衣しか考えられない。」
とかなり自信があるキャスティングのようなので、
掟上今日子と新垣結衣のシンクロも目が離せないですね!

キャスト

新垣結衣:掟上今日子役

2015y08m12d_004715592

岡田将生:隠館厄介役

2015y08m18d_190825947

内田理央

2015y08m19d_004222443

ロケ地

不明

原作

西尾維新の漫画「掟上今日子の備忘録」

掟上今日子の備忘録のあらすじ

掟上今日子の備忘録は
「隠館 厄介(かくしだて やくすけ)」という男の視点で物語が進んでいきます。

隠館厄介は、行く先々で事件に巻き込まれてしまいます。

見るからに縁起の悪そうな名前が原因なのかどうかは分かりませんが、
とにかく隠館厄介は不幸な目にあい続けるのです。

さらに、巻き込まれた事件では必ず犯人扱い、、、

また、学生時代から数々の事件に巻き込まれていたものの、
社会人になってからはさらに巻き込まれる事件がエスカレートし、
転職が日常茶飯事になっていました。

隠館厄介が呼び寄せる不幸によって、社員の半数が行方不明になってしまい
会社自体が潰れてしまうということもありました。

そのような事件が隠館厄介の身近なところでたくさん起こるので、
警察からも監視されているかもしれないという噂も出ていました。

また、事件に巻き込まれる度に隠館厄介は
「自分はやっていない、関係がない」ということを証明しなくてはならないのです。

しかし、不運が原因で仕事を転々とする隠館厄介が、
毎回自分ひとりで身の潔白を証明するのは大変なんですよね。

そこで隠館厄介は探偵を雇い事件を解決してもらうようになっていきます。

そのような生活をしていくうちに
隠館厄介の携帯の電話帳は探偵の名前で溢れかえっていき、
色々な探偵が事件を解決していきます。

数いる探偵の中で隠館厄介が最も信頼しているのが、
物語の主人公「掟上今日子」です。

掟上今日子は置手紙探偵事務所という探偵事務所の所長を務めており、
置手紙探偵事務所のキャッチコピーは「最短の探偵」。

最短の探偵は、その名の通り
「どのような事件でも最短(1日)で解決します。」という売り文句です。

しかし、掟上今日子には事件を1日で解決しなくてはいけない理由があったのです。

それは眠ってしまうと記憶がリセットされ、寝る前のことを忘れてしまうから。

一見、依頼する側としては他の探偵に依頼したほうが良さそうですが、
掟上今日子には依頼が殺到します。

探偵としての実力が素晴らしいことも理由のひとつですが、
1番の理由は「事件を公にしたくない」ということです。

つまり、次の日には忘れているので依頼しやすいということです。

「掟上今日子の備忘録」は、
隠館厄介が掟上今日子に助けられていく物語が描かれています。

スポンサードリンク

SNSでみんなにシェア

最後までお読みいただきありがとうございます!
少しでも楽しんでいただけたならSNSでシェアしていただけると嬉しいです(^^)

とぴっくすらんど人気特集