君島十和子の娘が宝塚音楽学校に合格!芸名や画像は?

君島十和子

君島十和子さんはカリスマ美魔女として化粧品などをプロデュースする実業家として活動していて、2人の子供がいます。

その2人の子供のうちの長女が宝塚音楽学校に合格したことで話題になっていますね。

長女の君島憂樹さんは宝塚の試験に2度目で合格したようです。

そこで、この記事では君島十和子さんの娘の宝塚での芸名や画像などについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

君島十和子の娘の宝塚での芸名や画像

君島十和子さんの娘・君島憂樹さんは宝塚音楽学校第102期生として合格し入学しました。

合格発表の時に、自分の数字を見つけて涙を流すほど喜んでいたようですね。

君島十和子の娘

角度の問題かもしれませんが、きゃりーぱみゅぱみゅさんに似ているような気がします。

君島憂樹さんもお母さん同様、肌が綺麗ですね~。

君島十和子さんに徹底的にスキンケア方法を教えてもらっているのでしょう。

倍率は26.6倍だったようで、かなり狭き門を通りぬけ見事合格されたようです。

おめでとうございます!

合格に対し、君島十和子さんは

「娘のタカラヅカに対する憧れと情熱は誰にも負けないと思います。これからはしっかりと努力して立派な舞台人になってほしい。」

と語っていますが、君島十和子さん自身もかなりの宝塚ファンなんだそうです。

無理に娘さんに強要しているのでは?と思ってしまう気持ちもありますが、合格発表のときの画像を見る限り、そういうわけでもなさそうですね!

君島憂樹さんの芸名については、まだ詳しいことは分かっていませんが、男役を目指しているようなので、将来男役スターになる日が来るかもしれません。

スポンサードリンク

君島十和子の娘への教育は超スパルタ!?

君島十和子さんの娘さんへの英才教育は、6歳のときから始まっているようで、有名なバレエ教室に通わせていたようです。

そのバレエ教室には、黒木瞳さんの娘さんも通っていたようで、黒木瞳さんも娘さんと宝塚を目指していたんだとか。

ここから、君島十和子さんと黒木瞳さんの宝塚バトルが始まっていくわけですが、有名なエピソードとしてバレエ教室の発表会の「くるみ割り人形」の主役を親同士で取り合っていたようです。

お二人とも娘さんを主役にしたい気持ちもわかりますが、完全な親ばかですねw

親の戦いで主役をとっても娘さんの成長には繋がらないような気がします。

で、宝塚音楽学校に合格したのは、君島十和子さんの娘だけで、黒木瞳さんの娘は残念だったようです。

黒木瞳さんの娘は、宝塚を諦めてからは海外留学をしているようなので、ますます親の都合に振り回されてしまっている感も否めません。

本人が望んでいるのであれば、別にいいと思いますが、そうでないからもう少し子供の気持ちも考えてあげて欲しいですね…

まとめ

  • 君島十和子の娘が宝塚音楽学校に合格
  • 芸名は不明だけど男役を目指している
  • 合格するまでには、親のバトル勃発も

宝塚音楽学校は色々とルールが厳しいということをよく耳にしますが、君島十和子さんの娘さんには頑張って欲しいですね!

男役を目指しているようなので、将来男役スターになることにも期待して待ちましょう^^

関連記事:

スポンサードリンク

SNSでみんなにシェア

最後までお読みいただきありがとうございます!
少しでも楽しんでいただけたならSNSでシェアしていただけると嬉しいです(^^)

とぴっくすらんど人気特集