キースツアーのスキーバス転落事故前から評判が悪かった!キャンセルも続出!

キースツアー

1月15日に長野県軽井沢市を走行中のバスが対向車線側のガードレールを突き破り、斜面に転落する事故が発生しました。

運転手2人・乗客14人が死亡、27人が重軽傷を負う大惨事となってしまいました。

このスキーバスツアーを計画していた会社は「キースツアー」という旅行会社で、事故後はキャンセルが続出しているようです。

また、キースツアーは格安を売りにしていて、学生に人気があったようなのですが、評判は事故前からかなり悪かったです。

そこでこの記事では、キースツアーのバス転落事故の原因や、会社概要、評判などについてまとめていこうと思います。

スポンサードリンク

事故原因はバス会社のイーエスピー?

バスの運行をしていた会社「イーエスピー」は、運転手の健康状態や出発前の点呼などの管理を行っていなかったことで、バス1台の運行停止の行政処分を受けたばかりでした。

その矢先に、今回のバス転落事故は発生。

報道やネット上では、「今回も健康状態や点呼などを行っていなかったのでは?」という声が相次いでいますね。

また、本来は上信越道を走る予定だったのですが、事故のあったバスは国道18号線を走っていて、予定とは違うルートで目的地へ向かっていたことが明らかになっています。

予定されていたルートとは違う道を走行することは基本的にはできないようなのですが、渋滞や転向の悪化など「止む終えない場合」はルートを変更することが出来るようです。

ただし、その場合は、変更することを連絡しなければいけないようです。

今回の事故は、連絡をしていたのかしていなかったのかにも焦点があたっていますが、キースツアー側は連絡はなかったと言っています。

これについても「真相」はどうなのかは分かりません。

事故の原因については、

  • 事故現場にタイヤ痕が一本しかなかったこと
  • 路面は凍結していなかったこと

が国土交通省の調査によって明らかになっているので、居眠り運転かスピードの出し過ぎを疑うのが自然ですね。

運転手が2人とも亡くなっているので、原因を明らかにするのは難しいのかもしれませんが、犠牲者が出てしまった以上、なんとしてでも原因を突き止めて欲しいですね。

スポンサードリンク

キースツアーの評判は?

キースツアーは2013年にも、スノーボードツアーで手配したホテル「レイジャント」の設備などが、記載されていた内容と違ったということで評判を落としています。

キースツアーに寄せられている評判をいくつか紹介していきますね。

  • 「歯ブラシあり」と記載してあったが、実際は歯ブラシもタオルの有料で購入しなければいけなかった
  • 大浴場が、3日間の内2日間が清掃中で入れなかった(シャワーも使えない)
  • ホテルスタッフが敬語を使わなかった
  • バスがボロボロだった

などなど…

キースツアーに対する直接的な苦情はないものの、どれもキースツアーが手配したホテル・バスです。

事実として、安いだけでサービスの悪い会社や、義務を疎かにして事故を起こす会社などがあることは確かです。

今では、格安を売りにしている会社もたくさんありますが、キースツアーについてはこのような会社を手配するところなんだという印象を受けました。

まさに「安かろう悪かろう」そのままです。

事故発生で全てのツアーが中止に

今回の事故を受けて、キースツアーはスキーシーズンが終了する3月末までの全てのツアーを中止にすることを発表しました。

発表前にキャンセルを申し出る方も殺到したようですね。

おそらくツアーの中止による払い戻しも行われると思います。

まとめ

  • 事故原因は居眠り?スピード違反?
  • キースツアーはバス会社やホテルなどの手配に問題があった
  • スキーシーズンが終わるまでのツアーが全て中止に

信頼や評判などを一度失ってしまうと、そう簡単に「あの会社は危ない」というレッテルを取り去ることは出来ないでしょう。

キースツアーはスキーシーズンが終わるまでのツアーを中止にしていますが、個人的には再開しなくてもいいと思っていますし、再開したとしても会社としてやっていけない可能性のほうが高いのかなと。

どうしても「格安」や「激安」といった言葉に目がいってしまいがちですが、命に変わるものはないので、ツアーや旅行などに行く際はしっかり調べていくことをおすすめします。

スポンサードリンク

SNSでみんなにシェア

最後までお読みいただきありがとうございます!
少しでも楽しんでいただけたならSNSでシェアしていただけると嬉しいです(^^)

とぴっくすらんど人気特集